Blog&column
ブログ・コラム

伐採と伐根の違いとは

query_builder 2022/07/15
コラム
44
伐採と抜根では何が違うのだろう」という疑問を感じていませんか。
違いが良く分からないと感じる方も少なくありませんよね。
そこで伐採と抜根の違いを分かりやすく紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

伐採と伐根の違い
伐採とは
伐採とは木の根を残した状態で根元を切ることです。
林業では丸太を作るために、伐採を行っています。
伐採にはのこぎりやチェーンソーなどが使用されるのが一般的です。
樹木が電線に届くおそれがある場合などに伐採が行われます。

■伐根とは
伐根とは、伐採後に残った切り株を取り除く作業のことです。
斧や鋤などを使って人間の手で取り除くこともありますが、根が深い場合は重機を使う必要があります。
新しい植物を植えたい時や、怪我の原因などにつながるおそれがある場合などに行われるのが伐根です。

伐採・伐根どちらの作業も、危険を伴うものであるため、細心の注意が必要となります。
自分で作業するのが難しいケースも多いため、伐採や伐根を考えているなら業者に相談してみましょう。

▼まとめ
木の伐採をした後に行われるのが、根を取り除く伐根ということになります。
怪我のリスクを抑えるためにも、伐採・伐根を考えているならプロへの依頼を検討してみてくださいね。
岡山県赤磐市の「竹内商事」では、不用品の買取・回収・屋内の片付け遺品整理・庭木の伐採などを承っております。
赤磐市近隣で伐採や伐根をお考えでしたら、幅広い業務に対応している弊社までお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 鳥取市のエアコン買い取りは竹内商事へ

    query_builder 2021/09/30
  • 岡山市でエレクトーン回収なら竹内商事にお任せ!

    query_builder 2021/07/27
  • 伐根に使える薬剤とはどんなもの?

    query_builder 2022/09/03
  • 伐根の方法にはどんなものがあるの?

    query_builder 2022/08/01
  • 伐採と伐根の違いとは

    query_builder 2022/07/15

CATEGORY

ARCHIVE