Blog&column
ブログ・コラム

遺品整理の衣類について

query_builder 2021/10/08
コラム
18

遺品整理でよくあるのが、残された衣類をどうするかという問題です。
故人が生前大切にしていた衣服もあり、処分するかどうか決断も難しい場合があります。
遺品整理の衣類はどうすべきなのでしょうか?
詳しく解説します。

遺品整理の衣類は故人の想いを尊重すべき
遺品整理の衣類は故人の想いを尊重すべきです。
遺言やエンディングノートに衣類について指示があれば、可能な限り故人の意に沿う形を取るのが望ましいです。

遺品整理の衣類はどうすべき?
指示がない場合、残された衣類はどうすべきなのでしょう?
例を見ながら解説します。

遺品整理の仕分けで形見として保管
故人が大切にしていた衣類は、遺品整理の時形見として保管する場合があります。
持ち主がいない衣類でも、故人との絆を思い出すツールとして大きな意味を持つからです。
「母が大事に保管していて、自分に着せてくれた着物が祖母の形見だった」ということもあります。
形見分けは、親族とよく相談して決めて下さい。
全ての衣類を保管することは無理でも、大切な形見として保管しましょう。

■写真に残す
衣類の保管が出来ない場合は、写真に残す方法があります。
衣類を保管するスペースが無く、処分を考えている人は写真として記憶に残すことをお勧めします。
いつまでも故人との絆を感じることが出来ます。

■衣類を供養する
故人の所縁ある物を供養する際、衣類も合わせて行う場合があります。
衣類を供養することで、残された遺族も気持ちの整理が出来ます。

処分する
衣類をおもいきって処分することで、気持ちの整理が出来ます。
家庭ごみとして処分する場合は、地域のルールに従いましょう。

▼まとめ
遺品整理の衣類は故人の想いを尊重して、最適な方法で扱いましょう。
遺品整理の衣類は、故人との絆を思い出す大切なものです。
処分した後で後悔しないように、しっかりと決めて遺品整理をしましょう。

NEW

  • 鳥取市のエアコン買い取りは竹内商事へ

    query_builder 2021/09/30
  • 岡山市でエレクトーン回収なら竹内商事にお任せ!

    query_builder 2021/07/27
  • 遺品整理と生前整理の違いについて

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE