Blog&column
ブログ・コラム

遺品の所有権で揉めないコツ

query_builder 2021/09/13
コラム
12
身内が亡くなったら遺品整理を行いますが、そこで問題となるのが所有権です。
誰がどの遺品を相続するべきか親せき内で揉めることは、よくある話です。
そこで今回は、遺品の所有権で揉めないコツをご紹介しましょう。

▼遺品の所有権とは
所有権とは、簡単にいうとそのものを支配できる権利のことです。
遺品の場合、所有権は相続人が持ち相続人のみが遺品をどう整理するか決めることができます。
そのためどんなに必要のなさそうなものでも、相続人の許可なく処分すると後で問題となることもあるため注意が必要です。

▼遺品の所有権で揉めないためのコツ
では、遺品の所有権で揉めないためにはどうすれば良いのでしょうか。

■遺言を確認する
個人が遺言を残している場合は、それに従います。

■相続人がの指示に従い遺品整理をする
遺品整理は勝手に始めず、相続人の指示に従って行うことで揉めることが少なくなります。
相続人が複数いる場合は、後々トラブルにならないようになるべく全員に集まってもらうことが大切です。
なお相続放棄を検討している場合、勝手に遺品の処分をすると放棄できなくなることもあるので、注意してくださいね。

遺品整理業者にお願いする
遺品整理業者は遺品に関し専門的な知識を有しているため、揉めないよう適切な判断を下してくれます。
円満な解決を望む場合や、心配な時は依頼するようにしましょう。

▼まとめ
遺品の整理は、相続人が決まってから行うことが所有権で揉めないコツです。
また相続放棄する場合も、勝手に遺品整理を始めないよう注意してみてくださいね。
心配な場合は、遺品整理を請け負う専門業者に任せるのもおすすめです。
弊社では、不用品買取だけでなく遺品整理も承っております。
故人への思いを大切にしつつ、丁寧に査定いたしますので、ぜひご相談ください。

NEW

  • 鳥取市のエアコン買い取りは竹内商事へ

    query_builder 2021/09/30
  • 岡山市でエレクトーン回収なら竹内商事にお任せ!

    query_builder 2021/07/27
  • 遺品整理と生前整理の違いについて

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE