Blog&column
ブログ・コラム

遺品を捨てることに罪悪感を覚えたときの対処法

query_builder 2021/09/09
コラム
11

身内が亡くなったあとの遺品整理に頭を悩ませる方は多いのではないでしょうか。
捨てるのは罪悪感があるし、かといってそのままにしておくこともできないでしょう。
そこで今回は、そんなときの対処法をご紹介します。

▼遺品とは
遺品とは、故人が所有していたすべてのものを指します。

▼罪悪感の少ない遺品の処理方法
遺品の量は膨大な量になることが多いので、まずは必要なもの、不要なものに遺品の分類をしましょう。
捨てるものを最小限にすることで、罪悪感が少なくなりますよ。

■必要なもの
遺品の中で必要なものは、財産に当たる貴重品や思い出の品、そのまま受け継いで使用できそうな家具や日用品などです。
特に故人が大切にしていた遺品は、故人との思い出が詰まっている大切な品物です。
大切に保管してくださいね。

■不要なもの
遺品整理で困るのが、明らかに不要なものです。
そこで不要なものをさらに、リサイクル可能なものと難しいものに分けましょう。

リサイクルが可能なものは、捨てずにリサイクルショップに持ち込んだりフリマサイトなどで販売したりすると、罪悪感が薄れるのではないでしょうか。
リサイクルが難しいものは処分するしかありません。
しかしただ捨てるのではなく、お焚き上げを利用することで罪悪感をあまり持たずにすみますよ。

▼まとめ
遺品を捨てることに罪悪感を持つことは、珍しいことではありません。
しかし遺品を分類し、捨てるものを最小限にすることで、罪悪感を少なくすることはできるでしょう。
竹内商事では、無料出張査定も行っております。
遺品を手放したいとお考えの時は、ぜひご相談ください。

 

NEW

  • 岡山市でエレクトーン回収なら竹内商事にお任せ!

    query_builder 2021/07/27
  • 遺品整理はいつから行うと良いの?

    query_builder 2021/09/17
  • 遺品の所有権で揉めないコツ

    query_builder 2021/09/13
  • 遺品を捨てることに罪悪感を覚えたときの対処法

    query_builder 2021/09/09

CATEGORY

ARCHIVE