Blog&column
ブログ・コラム

ゴミ屋敷と病気の関係とは

query_builder 2021/08/25
コラム
7

ゴミ屋敷になってしまう原因として、心の病気や発達障害などの病気と関係している場合もあります。
今回は、ゴミ屋敷と病気の関係について詳しく紹介していきたいと思います。

▼ゴミ屋敷の原因として考えられる病気
さまざまな精神疾患が影響している可能性もありますので、症状などをみていきます。

■うつ病
うつ病は年齢や性別関係なく起こり得る精神疾患で、何事にも気力を失ってしまいます。
そのためゴミを捨てたりすることも困難になってゴミ屋敷状態に発展してしまうケースがあります。

■認知症
認知症は記憶力が低下したり思うように行動することが厳しくなります。
判断力・理解力も低下していき、ゴミという対象の判断がつかなくなったりしていきます。

■セルフネグレクト
セルフネグレクトは自分の身の回りの世話を一切やらなくなるもので、食事や家事・入浴などの全てが出来なくなるものです。
何もできなくなることで生ごみも平気で放置してしまうケースが多いです。

■強迫性障害
強迫性障害は、不合理な行為や思考を自分の意思とは反してくり返してしまうものになります。
同じ行動を繰り返すことでゴミをため込んでしまうケースが多くみられます。捨てることや手放すことが困難になってきます。

■ためこみ症
ためこみ症は、強迫的ホーディングとも言われて大量の物を生活域に集めておかないと気が済まなくなるものです。
ものを捨てることを極端に嫌がるので、どんどんものが増えていき手をつけられない状態になっていきます。

▼まとめ
ゴミ屋敷になってしまっている方みなさんが病気というものではありませんが、病気が原因でゴミ屋敷になっているケースもありますので、周囲の方が診察を促すことも大切になってきます。

 

NEW

  • 鳥取市のエアコン買い取りは竹内商事へ

    query_builder 2021/09/30
  • 岡山市でエレクトーン回収なら竹内商事にお任せ!

    query_builder 2021/07/27
  • 伐根に使える薬剤とはどんなもの?

    query_builder 2022/09/03
  • 伐根の方法にはどんなものがあるの?

    query_builder 2022/08/01
  • 伐採と伐根の違いとは

    query_builder 2022/07/15

CATEGORY

ARCHIVE